俺の彼女のエスカレードとのなれそめ日記

俺が、本当の彼女と同棲をしていた、29歳のとき。
仕事を独立して、ちょっとお金が入り始めていたときだったかな。

突然の彼女からの別れを告げられた。
まあ、完全に男出来てたんだろうな。つらい思いさせたりしてたからしょうがないとは思うけど、あのときはまじできつかった。

そんなとき、しばらくは女とかのことは考えたくもなくて、
仕事が軌道に乗り始めたのもあって、とりあえず自分への御褒美にって買ったのがエスカレード。
もう今の俺の彼女だな。
いつも休みのときはこいつで海なりちょっと遠出してアウトレットいくなりして一緒だし、
こいつの最高なのが、そのラグジュアリーな外装も内装も良いが、俺使用に染められるのが最高。

いつも車専門誌とかチェックしててイケてるパーツとか内装のカスタム品があったら即効でこのエスカレードを連れてどこへでもいって、最強に格好良い女に仕上がるようにしてる。

かれこれ、1000万くらいは使ったかな。このエスカレードには。
ただ別にエスカレードだから1000万かかってるってわけじゃないし、このエスカレードが格好良いって思ってるやつがいたなら一回連絡してきて欲しい。

普通のつまらない乗り心地も良くない乗用車だったり、他のアメ車を買うくらいなら絶対にこっちを買った方が買った後の後悔ってものが全然違う。
実際に俺の周りの連れや先輩たちもみんな後悔してるからな。
一回まじでエスカレードの良さをわかって欲しいのもあるから、気軽に気になるやつがいたら連絡してきてくれ☆

さいあく、俺の彼女のエスカレードに乗せてやるから。